ママの言い方を変えてみる

~あなたメッセージからわたしメッセージへ~

子どもが「学校に行きたくないな」と言ったときに、親が言ってしまいがちな「やる気のなくなる言葉がけ」を別のコラムでご紹介しました。これらやる気がなくなるNGな言葉がけには、たいてい“あなた”が隠れています。
つまり「あなたメッセージ」です。

こんな具合です。
「(あなたは)文句ばかり言っていないで、さっさと行きなさい」 
「(あなたは)ちょっと嫌なことがあると、すぐ弱音を吐いて、怠けることしか考えてない」
「じゃあ、(あなたが)行きたくないなら、行かなくていいよ」
あなたメッセージで子どもを責めてしまっていますね。
 

これを「わたしメッセージ」に変換すると子どもが受けとる印象はがらりと変わります。ここでは「あなたメッセージ」と「わたしメッセージ」の違いを感じてみましょう。
 

ケース① 宿題がたくさんあり、残っている。
あなたメッセージ

「宿題やりなさい!結局やらないで、困るのは、あなたよ。もう知らないからね」 

 わたしメッセージ
 「宿題が半分残っているのを見ると、ママ、心配になる」
 

ケース② リモートワーク中に子どもが、「ねえ、これ見て!」とパソコンの上におもちゃを乗せてきた。
あなたメッセージ

 「ちょっとやめてよ!仕事中なんだから!(あなたは)あっち行ってて!」

わたしメッセージ
 「ママ、大事なお仕事で急いでお客さんにメールしているの。今、遊んでと言われると、遅れちゃって、困るんだ」
 

ケース③ お風呂の時間にまだ遊んでいる。お風呂に入ってほしい
あなたメッセージ

 「早くしなさい!(あたなは)何回言わせるの!」

 わたしメッセージ
「ママは22:30に寝たいんだよね。ママのお風呂も遅くなって、その後に洗濯をすると、ママは寝る時間が遅くなるんだよね」
 

「わたしメッセージ」を通して、ママが本当はどう感じているかを知ると、驚く子もいるようです。ママの状況を理解してもらうためにも、“わたし”を基点にした言い方を心がけてみてください。
 

ここで、ま、いっか母ちゃんの「あなたメッセージ」失敗談をご紹介します。
免許を取得してまだ1か月の次男、海(かい)が「オレ、サークルの友達を乗せて福島まで車で行くわ」と言った時のことです。

あなたメッセージ
「あんた、殺人者になるよっ!」

思わず出てきたやる気のなくなる言葉がけ。私は息子と友達の命を心配しているのに、出てきた言葉はひどいあなたメッセージでした。次男海(かい)は、「は?」と言ったまま、いなくなりました。
反省した私は、後で「わたしメッセージ」で言いなおしました。

わたしメッセージ
「お友達も乗せるし、事故にあうんじゃないかと思って、心配なんだよ」

変換するだけで素直に聞いてもらえます。

言葉がけコラムキーワード

NGワード あなたメッセージ ほめ力 わたしメッセージ アクティブリスニング オウム返し 予告力 事実ベース 子どものサイン 惜しいわたしメッセージ 最強の叱り方 残念な叱り方 環境を整える 環境改善 黙る効果